韓国映画のヒットの裏の影

韓国の映画がすごいことになっていますね。
韓国映画の「鳴梁」という作品が、1700万人もの人を動員したということにびっくり!!
よく、わからないけど、日本のアナと雪の女王以上なんじゃないかなぁ?
だけど、映画は歴史上のことを扱っていて、映画の中の悪者とされた、子孫達が、映画関係者を裁判で訴えるというような事態になっているという記事も見た。
映画はきちんと史実を把握して作るか、こういうことがないように、実際の人物を登場させているけど、内容はファンタジーだよみたいな、説明が必要かもしれないと思いました。
確かに、自分のご先祖様を悪人にされるというのは、気分のいいものじゃないよね。
今後の裁判の行方を見守ろうと思います。